UbuntuServer18.04.3LTSのsambaをインストールする

スポンサーリンク
PC関連
スポンサーリンク

サーバーとのデータやり取りにsambaをインストールします。
aptでsambaをインストールします。

$ sudo apt install -y samba

ユーザーは別途登録して置く事とします。

$ sudo adduser [ユーザー名]

pdbeditというコマンドでsamba用パスワードを設定します。
ここで入れるパスワードはWindowsなどからNetwork経由で接続する際に使われる物でUnixへのログインと分ける場合はパスワードを別途用意する事が無難です。

$ sudo pdbedit -a [ユーザー名]

次に全ユーザー共通のフォルダを作成しておきます。

$ sudo mkdir /home/samba
$ sudo chmod 0777 /home/samba

設定ファイルを一部変更します。

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf
[global]
:
:この区画に追加
        unix charset = UTF-8
        dos charset = CP932
        max protocol = SMB3
:
:以下最後に追加
[homes]
        comment = Home Directories
        path = %H/samba
        browseable = no
        writable = yes
[Share]
        comment = Public Stuff
        path = /home/samba
        public = yes
        writable = yes
        only guest = yes
        create mode = 0777
        directory mode = 0777
        guest ok = yes
        guest only = yes
$ sudo systemctl restart smbd
$ sudo systemctl restart nmbd

これだけですと\\192.168.1.XXとかでしかアクセスできません。
そこで私の過去記事にあった「WS-Discovery」機能を追加します。

https://quail.mydns.jp/2019/10/05/centos7samba%e3%81%abws-discovery%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%99%e3%82%8b/
$ cd /usr/local/bin/
$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/christgau/wsdd/master/src/wsdd.py
$ sudo chmod 755 wsdd.py
$ sudo ln -sf wsdd.py wsdd
$ cd
$ vi wsdd.service
[Unit]
Description = Web Services Dynamic Discovery host daemon
After=networking.service.target remote-fs.target nss-lookup.target
ConditionPathExists=/usr/local/bin
 
[Service]
ExecStart = /usr/local/bin/wsdd -d WORKGROUP
ExecStop = /usr/bin/kill -p $MAINPID
 
[Install]
WantedBy = multi-user.target

WORKGROUPはsambaの設定で定義したワークグループ名を書き換えて下さい。デフォルトではWORKGROUPでした。

$ sudo mv wsdd.service /etc/systemd/system/
$ sudo systemctl enable wsdd
$ sudo systemctl start wsdd

こうすることでWindows10などからネットワークブラウズで検索することができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました